代表取締役 小澤 裕昭がFM愛知にラジオ出演しました

アッシュホームの会社設立から
未来のビジョンまで幅広く語っています。
発行日:2019年10月26日(土)ON AIR

ラジオ視聴はコチラから

Q.カンパニービジョン:設立7年目を迎えたアッシュホームの会社設立について

平成25年5月に株式会社アッシュホームを設立致しました。
受注件数は年間100棟以上、売上げ高18億を超え、本社は愛知県稲沢市、現在は春日井市・名古屋市の中川区にも展示場を出しております。設立して現在七年目の会社になります。

<代表取締役 小澤 裕昭について>

大学を出た後、ミサワホームという大手の住宅会社で13年間勤務。主に営業職として愛知県・岐阜県を中心に住宅販売をしておりました。その後、縁あって全国展開を進めるアキュラホームという木造の住宅会社が名古屋へ進出するということで声がかかり転職。8年間の勤務の中で名古屋支店の総責任者として人材採用・販売戦略・展示場運営・業者開拓等色々なことを経験させて頂いて、現在に至ります。

Q.アッシュホームの強みとは?

多くの方に喜んで頂ける会社を作りたいと思い、私の経験からデザインや品質を高めたハウスメーカーの良さと昔ながらの地域に密着した工務店の良さを融合した会社にしました。

当社は、2.5階建てやスキップフロアーを使った住宅の空間提案を得意としております。お客様が建てる前に実際の部屋の広がりを感じていただける、VRを活用し3Dゴーグルをつけると今検討している住宅の中にいるかのようなバーチャルリアリティ体験ができます。現在、本社VR展示場と春日井VR展示場でお客様にご提案できるようになっています。

営業について

とびこみ営業やテレアポはほとんどなく、主にお客様からの反響営業でインターネットからの資料請求や電話でのお問い合わせなどから担当営業がお答えしていき、モデルホームへのご来場、そこから商談へといった流れになっています。

また、完成した際に、一つの節目としてセレモニー(引渡式)を行います。今まで以上に幸せな生活をしていただきたい、そんな思いを込めて私やスタッフも参加して一つのお祝い式をやらせていただいております。

Q.ターニングポイントとは?

アキュラホームへの転職です。
職人さんを大切にし、距離が近い。ものづくりの想いがハウスメーカーとは違っていました。
棟梁さんなど工事に携わる人達と一緒になって家づくりをしていくところに魂を感じ、顔が見える家づくりで品質を高めていこうというところはハウスメーカーとは違うなと感じました。

Q.カンパニービジョンとは?

5年後12期目にジャスダックへ上場、15期目には東海地区23拠点、東京エリアと大阪エリア出展を考えています。

Q.休日の過ごし方は?

1日200回腹筋をしています。身体を鍛えることが好きで日課としてやっています。

Q.個人的にチャレンジしたいことは?

子供を育てるというところでも仕事と同じくらい費やしていけたら素敵だと考えています。

Q.元気の源といえば?

私の特技は暗算です。子供と暗算の問題をやり取りをするのが結構楽しくしています。
また、当然家づくりとしての仕事が好きですが、それを通してお客様のうれしそうな笑顔を見たり、お客様と楽しそうに話しをしている社員の姿を見て、もっともっと嬉しそうな笑顔の輪を広げていけたら人生素敵になるかなと思うと元気がでます。

メディア掲載についてのご質問はお気軽に!