資料請求 来店予約 定期点検の予約
0120-101-559 営業時間:9時~18時 火・水定休
戻る

アッシュホームについて

戻る

会社情報

Blog

ブログ・お知らせ

2020.12.22 ブログ

住宅会社の社員は、自分自身の家づくりでどこにこだわるのか?

こんにちは。アッシュホームです!

以前、アッシュホームの社員が建てた家を施工事例として紹介しました。今回はその社員が家づくりでこだわったことを聞いてみました。現役の住宅会社社員は自分の家を建てるときに、いったいどんなことにこだわるのでしょうか?それでは見ていきましょう。

Q:家づくりの際に希望したことは?
A:一番こだわったのはLDKの空間です。おしゃれにしながらも、空間のつながりが感じられるようなLDKにしたかったですね。

できるだけ光が取り入れられるように窓を大きくし、昼と夜で表情が変わる照明計画にも力を入れました。

あとは、極力家事の手間が少なくできる家事動線にもこだわりましたね。

Q:具体的に「ここはこだわった!」というポイントはありますか?
A:「家に帰るのが楽しくなる」住まいが自分の理想像としてありました。

道路からどう見えるかを計算して考えた外観、リビングのドアを空けた瞬間に広がる空間の印象など、「どう見えるか?」にこだわってデザインを考えました。フローリングについても見え方を考え抜いて選びましたね。

Q:素材にもこだわりがあるんですよね?
A:はい。外壁にはメンテナンス性を重視して高耐候性外壁(サイディング)を採用しました。窓が大きいので、寒さ・暑さ対策として高気密高断熱サッシも採用しています。

※スタッフより
今回社員がこだわったのは「家事動線」と「見え方」。少しでも移動が短くなり、同時に家事がこなせるようになれば、毎日のストレスが軽減できます。そして、帰ってくるのが楽しくなるようなデザイン・居心地の良さでより満足感がアップします。

アッシュホームでは社員全員が自分の家を建てる感覚で、お客さまが笑顔になる家づくりをお手伝いします。施工事例を見て「こんな家に住んでみたい!」と思われた方は、ぜひご相談ください。

この記事をシェアする

Contact us

お問い合せ